Communes
湯の瀬旅館 大露天風呂
HOME >> 伝説の秘湯・大露天風呂

湯の瀬の里に来てみれば患う者が相集い症病治れり神湯に拝む

山あいにひっそりと佇む一軒宿「湯の瀬旅館」。
毎分800リットルの湧出量を誇る湯の瀬の湯は加温や差し水などは一切行っていない100%源泉掛け流しです。

無色透明で香りの優しい弱アルカリ性泉。その泉質の良さから近郷近在の人々からは古くから秘湯として知られ、神経痛に悩む老人が家人に背負ってもらって湯の瀬まで来て、 お湯に浸かった数日後には老人自ら重い荷物を背負い晴々とした表情で帰っていったという言い伝えがあるほどです。

逸話にもあるように神経痛の効能には古くから定評があります。
奥行き約23mの大露天風呂は立ち湯や歩行浴が可能なのでリハビリとしても最適です。

大露天風呂

大露天風呂

のれんで仕切られた女湯

幅約13m、奥行き約23m、水深1.2mの豊富な湯量を持つ当館自慢の豪快な露天風呂。立ち湯・歩行湯が可能ですので、足腰の弱られた方のリハビリにも最適です。女湯とは上の写真の通りのれんで仕切られており混浴となっております。混浴が気になる女性のお客様には湯あみ着の貸出もございます。源泉かけ流しで常に清潔ですのでタオル着衣のお客様もご入浴可能です。

内風呂

内風呂の写真

24時間入浴可能な内風呂。
時間を選ばず、深さも通常のお風呂サイズですので、小さなお子様連れでも大丈夫です。

ユニットバス

ユニットバス写真

一部客室にはユニットバスも完備。
出てくるお湯は、もちろん温泉ですので、ゆっくりいつでもお湯に浸かることができます。

泉質・効能

  • 泉質:アルカリ性単純温泉・無色透明・無味無臭
  • 泉温:48.0度
適応症
(浴用)
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症
(浴用)
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中の方(特に初期と末期)

湯の瀬旅館電話番号0235-45-2737








このページの上に戻る